印刷 2018年07月11日デイリー版2面

パナシア/SOxスクラバー53隻分受注。ギリシャ船主TMSから。BC・タンカー向け

 舶用機器製造などを手掛ける韓国のパナシアはこのほど、ギリシャ船主ジョージ・エコノム氏率いる海運会社TMSグループが所有するバルカーやタンカー計53隻に自社製SOX(硫黄酸化物)スクラバー(排ガス浄化装置)を搭載する契約を結んだ。契約額は7200万ドル(約80億円)で、2020年2月までに全船への搭載を完了する予定。今回の契約を加え、パナシアのスクラバー累計受注実績は73隻分に拡大した。… マリナビで続きを読む

残り:394文字/全文:583文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。