印刷 2018年07月11日デイリー版2面

CMA-CGM/ハパックに買収提案か

 コンテナ船世界3位の仏CMA-CGMが、同5位の独ハパックロイドに対して買収提案を行った模様だ。匿名の金融筋からの情報として、ロイター通信が9日報じた。両社は過去数カ月にわたり現金出資を伴わない合併について協議をしてきたが、ハパックロイドの主要株主であるチリ船社CSAV、国際物流大手キューネ・アンド・ナーゲル創業家の独キューネ一族、ハンブルク市の投資部門HGVは反対の意向を示しているという。… マリナビで続きを読む

残り:187文字/全文:375文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。