印刷 2018年07月11日デイリー版3面

急増するクルーズ船寄港/苦悩続くバース調整。港湾関係者に負担ずしり

 国土交通省が公表した2017年の国内外のクルーズ船寄港回数は前年比37%(747回)増の2764回、このうち外国籍船は2013回で同39%(570回)増だった。しかし、この数字の裏には、少なくない港湾関係者のバース調整の苦悩が見え隠れする。右肩上がりの寄港回数の影に隠れた、いくつかの駆け引きを追った。… マリナビで続きを読む

残り:1677文字/全文:1825文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。