印刷 2018年07月11日デイリー版1面

韓国・中国の公的支援/不満高まる日本造船。政府・業界団体に同調

 市場を歪曲(わいきょく)する可能性がある韓国、中国での造船会社に対する公的支援について、日本国内で不満が高まっている。すでに日本政府が多国間・2国間会議の場などで是正を求めているほか、日本造船工業会も今年1月、韓国政府による前受け金返還保証(RG、リファンド・ギャランティー)の発給に関するガイドライン緩和(一部案件などで赤字受注でもRGが発給可能)に対し、懸念を表明する文書を同国業界団体に送付。個別企業の定例会見でも不満の声が相次いでいる。… マリナビで続きを読む

残り:792文字/全文:1009文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。