印刷 2018年07月10日デイリー版4面

SITC/日・中-比航路CPX7を新設。セブ・ミンダナオ直航

 中国船社SITCは6月26日名古屋起こしで、日本・中国-フィリピン航路CPX7を新設した。SITCの日比直航便としては、九州・中部をカバーするCPX2に続く2ループ目となる。CPX7はフィリピン・ミンダナオ島北部のカガヤン・デ・オロと、セブ島セブに直接寄港するのが特長。831-906TEU型3隻によるウイークリーサービスで、日本市場では農産品などフィリピンからのリーファー貨物の荷動きを見込む。… マリナビで続きを読む

残り:151文字/全文:302文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。