印刷 2018年07月10日デイリー版1面

北米西岸航路/TA・2M、各1便休止。厳しい環境に対応

 主要アライアンスが北米西岸航路で減便を実施する。オーシャンネットワークエクスプレス(ONE)と独ハパックロイド、台湾の陽明海運の3社による定期コンテナ船共同運航組織「ザ・アライアンス(TA)」は6日、アジア-北米西岸航路の改編を発表した。PNW(西岸北部港)、PSW(西岸南部港)をカバーするPS8を休止する。またマースク、MSCの2Mはアジア-北米西岸航路TP1/イーグルを4日付で休止した。MSCでは厳しい航路環境に対応するためとしている。… マリナビで続きを読む

残り:579文字/全文:794文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。