印刷 2018年07月09日デイリー版1面

インタビュー 航空貨物 回顧と展望】日本航空執行役員貨物郵便本部長・岩越宏雄氏/Aチャーター、収入底上げ(その1)

 日本航空(JAL)は2017年度、国際貨物が売上高・重量共に前年比2桁のプラスと好調に推移した。一方、国内貨物では今期、国内需要の創出に取り組む。日本航空執行役員貨物郵便本部長の岩越宏雄氏に、17年の回顧と今後の展望について聞いた。(聞き手 佐々木マヤ) --まず、17年度を振り返って… マリナビで続きを読む

残り:1555文字/全文:1695文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。