印刷 2018年07月09日デイリー版2面

18年上期の原油スポット用船/ユニペック首位独走。印IOCは8割増

 米ブローカー大手ポテン&パートナーズが集計した今年上半期(1-6月)の原油タンカーのスポット用船実績は、中国国有系商社ユニペックの輸送量が前年同期比20%増の1億634万トンとなり、2位以下を2倍超引き離し首位を堅持した。インド国営石油会社IOCが8割増で2位(前年同期は4位)に躍進、英蘭シェルが1割増で3位(同2位)に入った。… マリナビで続きを読む

残り:494文字/全文:654文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。