印刷 2018年06月14日デイリー版4面

記者の視点】高橋郁夫:国内CTの将来/誰が借り、どう運営するか

 国際海上コンテナ輸送のコンテナ化の波が、日本の港湾に押し寄せて半世紀。日本のコンテナターミナル(CT)の歴史は、船社、港湾運送業者のどちらがイニシアチブを取り… マリナビで続きを読む

残り:1003文字/全文:1081文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。