印刷 2018年06月12日デイリー版1面

東京港/五輪対策が本格化。物流との調和、情報共有構築へ

 2020年夏の東京五輪開催まで約2年となる中、国内最大のコンテナ港湾である東京港の物流機能と大会関連交通をどう両立・調和させるか。同港を利用する荷主・物流事業… マリナビで続きを読む

残り:709文字/全文:789文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。