印刷 2018年04月17日デイリー版1面

インタビュー 新中計―デジタル化と環境】日本郵船社長・内藤忠顕氏/ソフトで差別化に挑戦(その1)

 日本郵船は4月、5カ年の新中期経営計画「ステイング・アヘッド2022」を開始した。テーマに“デジタライゼーション&グリーン”(D&G、デジタル化と環境)を掲げ… マリナビで続きを読む

残り:1398文字/全文:1476文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。