印刷 2018年04月17日デイリー版2面

SEA JAPAN2018】みらい造船/来年3月に新工場竣工へ。漁船以外の船種も視野

 東日本大震災で被災した漁船建造を担う造船4社などが立ち上げた「みらい造船」(本社・宮城県気仙沼市、木戸浦健歓社長)が活動を本格化させている。同社は、気仙沼市内… マリナビで続きを読む

残り:733文字/全文:811文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。