印刷 2018年04月11日デイリー版4面

記者の視点】五味宜範:過渡期の韓国造船/政府の公的支援姿勢に変化も

 日本造船工業会は2月21日付で、韓国政府がリファンド・ギャランティー(RG、前受け金返還保証)に関するガイドラインを大幅に緩和したとの現地報道などを踏まえ、懸… マリナビで続きを読む

残り:1177文字/全文:1255文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。