印刷 2018年04月06日デイリー版4面

記者の視点】高橋郁夫:東京港の大井車両待機場、暫定再開/現施設活用と中長期ビジョン検討を

 ちょうど1年前。国内最大のコンテナ港湾、東京港で一つの出来事が起こった。港内のコンテナ車両交通の改善に向け、港湾管理者の東京都とコンテナ埠頭管理者の東京港埠頭… マリナビで続きを読む

残り:1118文字/全文:1198文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。