2019 日本コンテナ航路一覧
電子版6つのNEW top01
 印刷 2018年01月19日デイリー版3面

オープンロジ/受注・配送を一元管理。EC事業者に提供

 倉庫会社をネットワーク化し、物流業務を請け負うプラットフォームを運営するオープンロジ(東京都豊島区、伊藤秀嗣社長)は17日、複数のネットショップを一括して管理、運営できるクラウド型のECサイト一元管理システムを提供するGoQSystem(ごくーシステム、東京都中央区、藤本卓治代表取締役)とAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)連携を始めたと発表した。これにより、同システムの利用者はEC(電子商取引)の受注と配送・在庫を一元管理できるようになる。

 ごくーシステムの受注データとオープンロジの出荷データの連携で、オープンロジの提携倉庫からの自動出荷や商品マスター、入庫・在庫数の連携が可能になる。

 複数のEC店舗の受注データがオープンロジの出荷依頼用データに自動的に切り替わる。このため、EC事業者にとっては物流事業者へ出荷を依頼するために受注データをCSVファイルに加工するといった事務作業が不要になる。ごくーシステムが行った実証実験では、作業時間が約12分の1に短縮したという。

 利用にはごくーシステムとの契約と、オープンロジへの会員登録が必要。

 オープンロジは2013年に設立。倉庫会社の非稼働時間・遊休スペースを活用し、低価格な物流アウトソーシング・サービスをEC事業者を中心に3000社に提供している。