印刷 2018年01月18日デイリー版3面

栃木県/イチゴを輸送試験。マレーシア向け、包装検証へ

 栃木県は15日、同県産のイチゴの輸出拡大に向け、マレーシアへの輸送試験を始めた。2品種・16パックを4種類のパッケージで輸送し、19日、現地でパッケージごとに品質を確認。荷傷みを減らすための輸送方法を検討する。同県が東南アジア向けでこうした輸送試験を実施するのは初めて。対象のイチゴの品種は「スカイベリー」(真岡市産)と「とちおとめ」(益子町産)。15日、JAはが野の真岡流通センター(… 続きはログインしてください。

残り:303文字/全文:492文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む