印刷 2017年12月07日デイリー版4面

記者の視点】幡野武彦:コンテナ船社のデジタル化/プラットフォーム構築は成功するのか

 超大型コンテナ船(ULCS)整備の動きが再び活発化している。仏CMA-CGMが2万2000TEU型9隻の発注を発表、スイスMSCも同船型11隻の整備を決めた。… マリナビで続きを読む

残り:1333文字/全文:1411文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。