船舶管理セミナー今治2017
 印刷 2017年11月13日デイリー版2面

海運トップに聞く下期の舵取り】(1):日本郵船社長・内藤忠顕氏/郵船ロジTOB、物流を核に(その2)

 --自動車船は前期に中近東向けの荷動き落ち込みが重荷となった。「原油価格の上値が重いため、資源国の景気が本格回復するにはもう少し時間がかかりそうだ。来年… マリナビで続きを読む

残り:1457文字/全文:1534文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。