印刷 2017年10月11日デイリー版4面

北米東岸向け/船腹量増加を指摘。スポット下落の要因か

 アジア発北米向け(東航)の荷動きが堅調に推移する中、需要が伸長している北米東岸揚げの船腹量が増加している、との指摘が出ている。英調査会社ドゥルーリーは10月に… マリナビで続きを読む

残り:596文字/全文:674文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。