印刷 2017年06月19日デイリー版1面

IMO/バラスト装置搭載、「2年猶予」を協議。7月会合で最終決定

 IMO(国際海事機関)で来月上旬、バラスト水処理装置の搭載期限を巡る議論が大詰めを迎える。今年9月8日以降の最初の定期ドック検査を搭載期限とする原案に対し、イ… マリナビで続きを読む

残り:1083文字/全文:1161文字

この記事は電子版での掲載が終了しました。
続きをご覧になるには、電子版プレミアム「マリナビ」にご契約ください。
本紙より1000円お得なデジタル専用の購読サービスとなります。