印刷 2017年01月11日デイリー版2面

内航総連傘下5組合会長・年頭所感/将来像描く必要性強調

 日本内航海運組合総連合会の傘下5組合トップは10日までに、それぞれ2017年の年頭所感を公表した。各会長は、昨年4月に新制度に移行した暫定措置事業が順調に推移していると評価。その上で、国土交通省で同… マリナビで続きを読む

残り:1478文字/全文:1578文字

この記事は電子版での掲載が終了しています。
続きをご覧になるには、マリナビ(別サイト)にご登録ください。