印刷 2000年08月31日デイリー版4面

九越フェリー/新造船投入で経営改善

 九越フェリーが船齢の若い既存船をリプレースして二〇〇〇年七、十月に相次いで新造船を投入するのは経営改善を図るのが狙いだ。九六年の運航開始から今日まで累積欠損は四十億円に達しているものの、船価安かつ低金利の新造船を建造することで高コスト船を是正。さらに引き合いの強い時期に既存船を売船し、売船益を確保することも見込んでいる。新造船の運航開始で新たな展望が開けそうだ。(取材部・原幹子) 同社は… 続きはログインしてください。

残り:1303文字/全文:1499文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む