印刷 2008年05月30日デイリー版2面

DHL/UPSと提携。北米急送便、空輸業務移管。独ポストが事業再建計画

 総合物流大手のドイツポストは28日、同社傘下のDHLが米国の急送便事業で、米UPSと提携すると発表した。米国の拠点網を統廃合し、不振が続く北米地域の急送便の航空輸送業務をUPSに移管。取扱貨物の減少を4%以下に抑え、米国での同部門の基礎的(一時的な損益を除く)営業損益(EBIT)を2011年12月期までに10億ドル(約1050億円)改善する。リストラ費用は最大20億ドルを見込む。ドイツポス… 続きはログインしてください。

残り:191文字/全文:377文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む