印刷 2008年05月20日デイリー版6面

東京港特集】東京都港湾審議会・高橋宏会長に聞く/ポートオーソリティー化にらむ

 10年連続コンテナ取扱量日本一となった東京港。4月には全国に先駆け、埠頭公社の民営化も実現した。日本を代表するコンテナポートに成長した東京港の将来のあるべき姿とは。東京都港湾審議会の高橋宏会長(公立大学法人首都大学東京理事長)に、日本の港湾の現状や東京港の目指すべき道などについて聞いた。■国任せでは駄目 --日本の港湾の現状をどう見るか。「東京湾3港の港湾管理者である東京都、… 続きはログインしてください。

残り:1870文字/全文:2058文字

この記事は有料会員限定です。有料プランにご契約ください。

有料プランを申し込む  ログインして全文を読む